モナーコの残像

モナコGP が始まって思い出した。 そういえばこの3月に出張したんだった。
1日まるまる予定が空いてしまったので散策がてらGPのコースもぐるりと回ってみた。

背中に荷物がなくてなんとなく寂しいが、気候は良く街並みも綺麗で歩くのが気持ちいい。

f0175258_403341.jpg
王宮を目指して上っていく途中_空も地中海も青が深い。 地中海の色は本当に青味が強いのだと実感。(写真中央が丁度タバココーナーからラスカスコーナー辺り)

f0175258_4161315.jpg
王宮に辿り着く。 海に向けて大砲が数門_もちろん今では不必要でただのイミテーション。
グレース・ケリーもかつては此処で…。

f0175258_8515213.jpg
ラスカス辺りにファンジオの像を見つけた。 タイトルを5回もとったアルゼンチンの英雄だ。
メルセデス196のシートは乗り込めるような按配だったが、周りに誰も居らずシャッターを頼めず残念…。
今日トップでファイナルラップを刻み、このファンジオの横を駆け抜けるのはライコネン?ハミルトン?

f0175258_8471415.jpg
泊まったHOTELの直ぐ下にミラボーがあった。 TVで観るよりずっとヘアピンが厳しい。 こんなところを90km/hで抜ける??

f0175258_927979.jpg
カジノ。
昨年秋からラスベガス、マカオ…と何故か賭博場に縁があるが、此処は停まっている車からして『格』が全く違う。 入場するのにも料金が必要(ある程度客層を篩い落とす為だろう。身分証明書も必要。)だったり、チップの最低額も高くて閉口するが、上の方があまりに高いのにはただただ唖然_1枚の額が10万ユーロ(!)というチップを賭けさばく桁違いの翁等もいらっしゃったりする。。。

_まあ、小生のような小市民には本来縁のないところ、ということがよ~く理解できたし、今後来ることもあるまい。 (涙)
[PR]

# by joxter_2008 | 2008-05-25 09:43 | 断片化されつつある記憶  

引越し

昨年4月、今のところに越して来てから1年ちょっと経った。 僅か数キロの移動でしかないのに、すぐ脇に大きな緑地公園があるため夏でも朝夕には涼しい風が入って過ごし易い。 過ごし易いのは人間ばかりでないらしく、ベランダの山野草も生き生きして見える。
休みの日にはこの公園をよく散歩する。 この公園内には何面かの野球場、テニス場、プールに子供向けのちょっとした遊園地や交通公園、パターゴルフ場、バーベキュー場と実に様々な設備が点在しているが、小生はできるだけそうした所を避けて、梅林や竹林、日本庭園、芝生広場、ビオトープや自然そのままの山谷に設けられた散策路を歩く。 時に蚊の大群に追われたり膝下を朝露でびっしょり濡らしたりするが、季節の変化を目と鼻と肌で感じながら歩くのが好きなのだ。

f0175258_1220113.jpg

近々転勤になるらしいとの情報を得た。 結構気に入っていた住処と漸く住み慣れてきた地域だけど、まあ仕方が無い、覚悟はしていたし。
となると気は早いが次の住処。 以前住んでいた沿線がいいな。 そうそう、大きな公園は欠かせない。 ベランダの山野草にもその方がいいだろうし。
                          *****
まだ内示も受けていないのに『これを機に』というのもナンだが、blog もこちらへ引っ越してしまうことにした。 なんだか前のトコロより扱い易そうで嬉しい。
[PR]

# by joxter_2008 | 2008-05-24 11:18 | 忘れん坊の走り書き